CONCEPT

オーヴィジョン新山口アクシス

未来ときを駆使するアクシス。

際立つアクセス性能が、一刻のゆとりを醸し出す。

それは、永住の決め手となる最も大切な機軸。

日常生活の利便性を求める人にも、
休日はアクティブに、都心を謳歌したい人にも。

さまざまなライフスタイルにフィットする
新しい座標軸が、今ここに。

「オーヴィジョン新山口アクシス」誕生。

TOUCH THE NEXT

都心の輝きが、
今、目の前から拡がる。

基盤となる一本の軸は、
刻々と変貌をとげるJR新山口駅へとつながる道。

「まちと駅をつなぐ0番線」をコンセプトに
開発が進められてきた巨大プロジェクト
新山口駅ターミナルパーク整備も
着々と完成へと近づいています。

ここから拡がるアクセスで、
さまざまな都心を身近に感じることができるでしょう。

Development

新山口駅ターミナルパークを
日常のライフステージに。

日常のライフステージにのイメージ

山口県の陸の玄関口にふさわしい利便性の高い駅空間を目指して、
2007年度に構想が策定された「新山口駅ターミナルパーク整備」。
「垂直の庭」の緑に心和む新通路(南北自由通路)や橋上駅舎の完成後、
2018年3月には北口駅前広場が完成し、新たな賑わいを創出しています。

現在、整備が進められているのは、さらなる賑わいを生むための重点エリア。
「出会う、つながる、生まれる、広がる 環境健康都市」をコンセプトに、
2つの大きな出会いの広場や、多目的ホール、シェアオフィス、
起業創業支援の窓口や人材育成のためのアカデミーハウスなども誕生します。

今も未来も、心ときめく。
山口の新しいプレミアムな中心軸に、期待が高まります。

南北自由通路側から見た拠点施設全体のイメージ
多目的ホール

最大2000席を収容でき、コンベンションや展示会、演劇や音楽コンサートなど、多目的なニーズに対応できるホール。

ライフイノベーションラボ

医学的視点を取り入れた運動プログラムを提供するなど、地域医療と連携したメディカルフィットネスを整備。

フリースペース

さまざまな人が気軽に立ち寄れるフリースペースや、シェアオフィス(コワーキングスペース)等を併設した起業創業支援空間。

新山口駅ターミナルパーク整備エリア